東京の求人情報

東京都は、国内でも最も少子化が進んでおり、出生率も1.0前後の低い水準にあります。

それには、いろいろな理由が考えられ、仕事している女性が多かったり、子どもを育てるにあたっての環境が整っていないなどが挙げられます。

一番問題だとされるのが、育児に対しての企業側の理解や子育て環境です。

近年、いわれるのが保育園の待機児童の問題です。

以前よりは改善傾向にはあるものの、未だに多くの問題を抱えており、育児休暇明けにすぐに子供を預けることができなかったり、時間外でも対応できるような場所が少ないといったことがいわれます。

子どもを産み、育てる女性を助け、環境を整えている企業も見られるようになりました。

中には、社内に託児施設を作ったり、子どもが病気などの時に休暇を取りやすくしたり、工夫している会社もあります。

今後、少子化を食い止め、出生率を上げるためにも、東京都、そして国が育児しやすい環境を作っているべきです。